TOP > 製品一覧 > ベータ線式膜厚計 > ベータ線式膜厚計 BTC-221

ベータ線式膜厚計 BTC-221

ベータ線式膜厚計 BTC-221

薄い物から厚い物まで
高精度な測定を可能にする新システム

・パソコン使用により操作性と機能が大幅にアップ
・薄い物から厚い物まで高精度で測定
・小面積部も測定が可能
・特殊なキャリブレーションカーブも簡単プログラミング
・カウント補正が容易でGM管のウォーミングアップは不要

デジタルカタログで見る

ベータ線式膜厚計 BTC-221 の特長

操作性と機能が大幅にアップ

パソコン使用により操作性と機能が大幅にアップ。

薄い物から厚い物まで高精度で測定

線源を交換する事で膜厚の薄い物から厚い物まで高精度で測定できます。

小面積部も測定可能

マスクの交換により、小面積部も測定が可能。マスクは多種用意してあります。

特殊なキャリブレーションカーブも簡単プログラミング

多点較正入力ができ(2~9点)、特殊なキャリブレーションカーブが簡単にプログラムできます。

カウント補正が容易

カウント補正がいつでもでき、GM管のウォーミングアップなしで高精度の測定ができます。

測定用検量線は40本までメモリ可能

測定用検量線は40本までメモリできます。メモリされたキャリブレーションカーブは他チャンネルにコピーできます。

キャリブレーションカーブは素材の一点補正で再校正可能

キャリブレーションカーブは素材の一点補正で再校正できます。

上限値、下限値の設定

有効測定値の上限値、下限値の設定ができます。

膜厚値と組成比が測定可能

合金皮膜は、膜厚値と組成比が測定できます。

φ80mm以上のパイプ内測定が可能

パイプ内の測定はφ80mm以上であれば可能です。

測定ミスによる膜厚値はいつでも削除可能

測定ミスによる膜厚値はいつでも削除できます。

時間や単位は任意設定が可能

測定時間は1~999秒まで任意に設定できます。測定単位は、μm、MI、mil、組成%、カウント%単位はいつでも変更でき、測定値は自動変換されます。

ベータ線膜厚計 BTC-221 の特別付属品

プローブガイド MS-11 プローブシステム H-5 プローブガイド RE-5 120° プローブガイド RE-5 180°(スケール付)
プローブガイド
MS-11
プローブシステム
H-5
プローブガイド RE-5
120°
プローブガイド RE-5
180°(スケール付)

測定原理

物質にベータ線を照射すると一部は吸収され、一部は透過されます。また一部は透過されます。また一部は後方に散乱し、その線量はその物質の厚みと核外電子数(電子番号)によって異なります。線量の増加が検出できなくなる飽和厚に達するまで、厚みが増えると後方散乱量が増加(又は減少)するので、下地の後方散乱量と皮膜のそれを比較することで厚みを測定することができます。
従って、下地と皮膜の原子番号の差が大きいほど測定精度は上がり、原子番号の差が小さいほど測定精度は低下します。原子番号の差が最低1割あれば皮膜の測定は可能です。

ベータ線膜厚計 BTC-221 の仕様

型式(本体) RTC-221型
原理 ベータ線式
測定モード 1)厚み測定
2)ベータ線カウント測定
測定時間 1~999秒 任意設定
メモリ容量 40チャンネル
表示 パソコンモニタ画面による
統計処理 最大値、最小値、平均値、標準偏差、ヒストグラム、上下限値設定
電源 AC100~240V±10% 50/60Hz、10VA (本体)
寸法 280(W)x230(D)x88(H) (本体)
重量 3.0kg

(注)仕様は予告なく変更されることがあります。

お問い合わせ
デジタルカタログ

  • Webカタログ 電子ブック
  • Webカタログ
  • 各カタログをWEB上にてご覧頂けます。iPhoneやiPadでもご覧頂けます。

  • カタログを見る

おすすめ製品

prev next

電測の3つのつよみ

  • 電測の3つのつよみ
  • 導入いただいた機器の点検・修理のお申し込みは下記からご依頼ください。

  • 修理のご依頼はこちら

私たちの歴史

 

ISO認証マーク

これからも業界を牽引しお客様の製品品質向上と発展を支えていきます。