TOP > 製品一覧 > 渦電流式膜厚計 > 渦電流式膜厚計 DMC-211

渦電流式膜厚計 DMC-211

渦電流式膜厚計 DMC-211

高いスピードと操作性
短時間・非破壊測定が全数検査に最適

・1秒以内に非破壊測定、全数検査に最適
・パソコン使用で較正・測定等の操作が簡単
・測定物にプローブをあてて放すだけで自動的に測定値を取り込み
・特性カーブ(検量線)が標準70本メモリ
・会社名、部品NO.、ロットNO.がチャンネルごとに登録

デジタルカタログで見る

渦電流式膜厚計 DMC-211 の特長

測定値の表示がデジタル式、読み取り

金属上のほとんどの皮膜(アルミ上の酸化膜、鉄上の亜鉛・クローム等のめっき・塗装)、非金属上のほとんどの金属皮膜(プラスチック上のめっき等)を短時間(1秒以内)に非破壊測定するので、全数検査に最適。

パソコン使用により操作が簡単

パソコン使用により、較正・測定等の操作が簡単。各種測定モードが選択できネジ頭部、線材などの小さなパーツやダイカスト製品の測定が容易になりました。

[自動取り込み]モード搭載

[自動取り込み]モードでは測定物にプローブをあてて離すだけで自動的に測定値を取り込みます。

特性カーブ(検量線)が豊富にメモリ

自動選択の特性カーブ(検量線)が標準で70本メモリしてあります。特別な材質などは標準板があれば新たに特性カーブ(検量線)を作成、入力することができます。

企業情報のチャンネル登録機能

先方の会社名、部品NO.、ロットNO.がチャンネルごとに登録できます。
総チャンネル数:40チャンネル

統計処理機能が装備

測定データをチャンネルごとに保存でき、測定データに対し後から統計項目を設定し統計処理することができます。

測定単位

測定単位はmm、μm、mil、MI。
単位はいつでも変更でき測定値は自動変換されます。

測定原理

測定原理   高周波電流を流したプローブ(測定子コイル)を金属に接近させると、金属表層部に渦電流が生じます。この渦電流は、高周波磁界の強さ、周波数、その金属の導電性、厚さ、形状等により影響を受け、浸透深さ及びその大きさが異なります。
そして渦電流は、プローブの高周波磁界を打ち消すように流れますので、プローブの高周波抵抗値が変化します。この高周波抵抗の変化の大きさは、一般的に膜厚値に比例していませんので、内臓又はユーザ作成の特性カーブ(検量線)に照らし合わせて、膜厚値に換算し、パソコン画面に表示させます。

渦電流式膜厚計 DMC-211 の仕様

型式(本体) ダーメス DMC-211型
原理 渦電流方式
測定モード 厚み測定
チャンネル数 40チャンネル
データ容量 100,000データ
表示 パソコンモニタ画面による
統計処理 最大値、最小値、平均値、標準偏差、ヒストグラム、上下限値設定
電源 AC100~240V、50/60Hz  10VA(本体)
重量 3.0kg
寸法 280(W)×230(D)×88(H)mm

(注)仕様は予告なく変更されることがあります。

渦電流式膜厚計 DMC-211 のプローブ仕様

1.プローブの効果範囲
 極細プローブ使用時
φ5mm
φ3mm
2.プローブのコードの長さ 900mm
3.ガイドの種類により曲面上の測定可能
4.プローブの種類 MP型 …平凸凹曲面用(標準)
SM型 …平凸凹曲面用(極細)
RP型 …凹曲面、パイプ内面用
SR型 …小径パイプ内面用
上記プローブには測定する膜厚により各々A、B、C、Dの4種類があります。
5.プローブガイド #180:平面測定用
#120:φ25~60mm凸曲面測定用
#90 :φ30mm以下の凸曲面測定用
お問い合わせ
デジタルカタログ

  • Webカタログ 電子ブック
  • Webカタログ
  • 各カタログをWEB上にてご覧頂けます。iPhoneやiPadでもご覧頂けます。

  • カタログを見る

おすすめ製品

prev next

電測の3つのつよみ

  • 電測の3つのつよみ
  • 導入いただいた機器の点検・修理のお申し込みは下記からご依頼ください。

  • 修理のご依頼はこちら

私たちの歴史

 

ISO認証マーク

これからも業界を牽引しお客様の製品品質向上と発展を支えていきます。