ポータブル膜厚計

軽量小型で現場でも使いやすく、そのうえ高精度で統計機能やプリンタなども備えたポータブル膜厚計を各種そろえています。

ポータブル膜厚計

製品一覧

QNIxシリーズ

サイズ 124×67×33 [mm]
※突起物を含まない
重さ 120 [g]
※バッテリーを含まない

ポータブル膜厚計QNIxシリーズ の特長

フィルム校正なしでも正確な膜厚計測が可能
フィルム校正なしでも正確な膜厚計測が可能

工場出荷時に16Pointの校正データを入力して納品。
これにより、面倒なフィルム校正作業は不要になり、かつ正確な膜厚が計測できます。

膜厚測定データ転送の新技術
膜厚測定データ転送の新技術

従来の計測器は、計器本体とパソコンをケーブルでつなぎ測定データを転送していました。 QNIxシリーズはUSBポートに挿すだけで転送される「無線Dongle」を使用。測定データがより早く、楽に閲覧できます。

超軽量の無線測定器
超軽量の無線測定器

プローブで計測したデータは無線で本体に送信されます。従来品のようにケーブルにひっかかったり邪魔になったり、転落事故につながるリスクも軽減。また、プローブの重さは30gの超軽量で、重い計器を持ち歩くこともなくなります。

壊れにくく測定物に痕跡を残さないプローブ
壊れにくく測定物に痕跡を残さないプローブ

QNIxシリーズのプローブは強化プラスチックで囲まれ耐久性が3割アップ。万が一故障した場合でも分解や修理が簡単なため、修理期間も短縮します。また、ルビーチップが装着されており、測定物(サンプル)を傷つけることなく安全に測定できます。

無償品質3年保証

ドイツAutomation Dr.Nix社との技術提携で、完璧なアフターサービスを保証。品質に自信があるからこそ、3年間の無償保証をお約束します。

※定期的なテスト、成績書、不適切な取扱いにより破損(ケース破損、バッテリカバー紛失など)誤った方法での本体とプローフの結合、バッテリ液漏れ、バッテリ電極混用、ルビーチップ破損は3年無償保証の対象外です。

無償品質3年保証

ポータブル膜厚計QNIxシリーズ の導入事例

東京都N社

飛行機部品、塗装膜

大分県E社

船舶・自動車部品、塗装膜

QNIxシリーズ 比較仕様表

※下の表は左右にスワイプすることができます

  QNIx 8500 QNIX
4500/4200
QNIx 7500 QNIX Carcheck
System
QNIX Handy 
測定可能な皮膜 【F】鉄素材上の非磁性コーティング
【N】非鉄素材上の非伝導性コーティング
【FN】鉄・非鉄素材上の非磁性・非伝導性コーティング。
【FN】鉄・非鉄
素材上の非磁性・
非伝導性
コーティング。
【FN】鉄・アル
ミニウム素材上の
非磁性・非伝導性
膜厚
素材認識 鉄・非鉄素材
自動認識交換
鉄・非鉄素材
自動認識交換
使用者指定変換 鉄・非鉄素材
自動認識交換
鉄・非鉄、自動
認識 モード変換
測定原理 【F】マグネチックフラックス(Hall-Effect)
【N】渦電流(Eddy-Current)
測定範囲 0~2,000μm
(オプション: 5,000μm)
0~3,000μm 0~2,000μm
(オプション: 5,000μm)
0~5,000μm 0~500μm
最大
分解能
0.1μm、1μm
【M】0.01μm
1μm 0.1μm 0.1μm、1μm 5μm
構成形式 0点補正
使用者校正:1
【M】100個
0点補正 0点補正 校正機能なし 校正機能なし
精度 ±(1μm+2%)
±3.5%
(2mm以上)
【T】±
(0.3μm+2%)
±(2μm+3%) ±(1μm+3%) ±(1μm+2%)
±3.5%
(2mm以上)
±(10μm+5%)
測定速度 (約40回/分)
【T】920ms
(約65回/分)
【R】1,600ms
600ms
 (約70回/分)
1,300ms
(約46回/分)
1,500ms
 (約40回/分)
600ms
(約100回/分)

ポータブル膜厚計モデルコード案内
【F】鉄金属素材上の非磁性膜厚測定
【N】非鉄金属素材上の非伝導性の膜厚測定
【FN】プローブひとつで鉄・非鉄素材上の膜厚測定
【T】マイクロプローブ
【M】測定データメモリ機能、PCにデータ送信
詳しい仕様は、デジタルカタログでもご覧いただけます

TELEPHONE

03-3365-4411

受付時間 9:00~17:00(土日・祝日除く)

お電話からのお問い合わせ
PAGE TOP